HOME>特集>住宅の見た目が良い以外にも長所があります

最大の長所はここにあり

男性作業員

今、日本伝統の宮大工の技を持った職人に住宅づくりを依頼するという人が増加傾向にあります。最大の理由の1つには、健康住宅という概念の浸透があります。宮大工は、自然の木材を自身で削ったりして家づくりを行ってくれるので、出来上がった住宅は自然と健康住宅になります。

熟練の腕も魅力の1つ

大工仕事

また、宮大工の技術を取得して実際に家づくり等を行うためには、最低10年の修業が必要とされています。裏を返せば、宮大工の技術を持つ人に家づくりをしてもらうという事は、最低この業界で10年以上腕を磨いてきた職人に家づくりを行ってもらえるという信頼感があります。

風情のある佇まいを求める人も

自然の素材にこだわって家造りを行ってくれる宮大工の造る家は、その存在感のある佇まいも大きな魅力です。自然の素材が醸し出す力強さと繊細さを兼ね備えた住宅は、周囲の人たちからも一目置かれるようなデザイン性を持っています。毎日帰る家だからこそそういう住宅が欲しい、という人を中心に人気を集める理由となります。

機能性にも優れています

宮大工の持つ高い技術力は、高機能住宅を建築する際にも非常に役に立ちます。伝統の技術と最新の気密性を高めるための技術を組み合わせた高気密住宅は、厳しい冬の寒さにも夏の暑さにも耐えられるような快適性を備えます。また、釘などを極力使わないため劣化のスピードも緩やかで、化学物質もほとんど使用しないので小さな子どもやお年寄りにも安心出来ます。審美性と機能性を兼ね備えた、ハイブリッドな住宅を作り出せる唯一無二の技術が今再認識されています。

広告募集中